美容効果がある治療法で
皮膚の悩みも改善

最新技術

用途に合わせて依頼することができるほくろ除去は有名なクリニックがおすすめ。シミやそばかすの除去も対応してくれますよ。

若い人の間でファッションとして刺青を入れている人が多くなっています。しかし、同じく後悔している人もたくさんいます。学生時代に自力で墨汁と縫い針を利用して刺青をいれているような人もおりますし、大人になってからしっかりとタトゥースタジオで刺青をいれた人もいます。これは人によって皮膚のどの当たりまで色が入っているかが違いますから、除去の時にかかる負担や本当に消えるのかどうかも違います。
最近では刺青除去を専門に扱っているような病院も多くなってきています。除去はレーザーや皮膚切開によって行いますが、当然切開すれば傷が残りますし、レーザーでは完全に除去できるのかどうかはわかりません。
最近の刺青除去技術では比較的綺麗に消せるようになっていますが、今流行しているカラーの刺青はやや消去するのに厄介なことがあります。
刺青除去は基本的に医療費の保険がききません。ですから、全て自己負担になり中々に高額な施術となっています。小さなサーズでも5万円以上、腕や背中の広範囲に広がっているものは30万円~100万円を超える程に費用がかかることもあります。
レーザーでの治療が最も簡単となっていますが、レーザーでは黒色やそれに近い色の刺青であれば消せるようになっていますが、レーザーが反応しない淡い色や黒から離れている色の場合は消せないことがあります。
レーザーでも消えないものは全て切開になり、傷が残ることになります。しかし、それでも病院で安全に刺青除去が可能なのですから、利用する人は後を絶たちません。

  • 後悔

    若気の至りや何かの決意で刺青を入れてしまう人は多いです。しかし、それを大きく後悔して除去したいと感じている人もまた多いです。これは皮膚科や外科で治療することが可能となっていますが、綺麗な皮膚になるかどうかは刺青次第です。

  • 痛みについての知識

    刺青の除去を検討するときに避けて通れない不安が、果たして痛みがあるのかどうか、という点です。刺青を彫る段階で耐えた痛みにまた耐えるのはとても苦痛ですから、無痛治療を受けられるクリニックの検討も必要です。

  • 施術にかかる時間

    刺青を除去するために必要な時間は、大きく分ければ施術そのものに必要な時間と、施術後に日常生活に戻るまでに必要と想定される時間に分けられます。事前に所要時間を調べておくことで、スケジューリングに役立てられます。